かわせでりばてぃぶ?

為替デリバティブという言葉について聞いたことがありますか?聞いたことがある人は多いかもしれませんが、他人に説明しろと言われると説明できない人が多いと思います。私もちんぷんかんぷんです。ここでは簡単に為替デリバティブについて説明していきたいと思っています。
そもそも為替デリバティブとは昔からある金融取引や実際にある商品の相場によって変動する不確実さを避けるために生まれてきた金融商品の呼び名のことです。少しは分かって来たでしょうか?デリバティブとは将来価格が変わって損してしまうのを防ぐためにおこなう契約のことを指しています。
例を上げてみましょう。輸出でお金を儲けている企業がこの先長く円安・ドル高が続くと判断した場合、今の相場よりも円高でドルを買えるよう準備をしておけば、ドルを集めるのが安くなります。
もし自分が思っていたのと違って、円高に動いてしまうとドルを集めるコストは高くなってしまいます。
難しいですね。私もここまで書いてきましたが、ほとんど理解できていません。為替デリバティブについて知っておかなくてはいけないのは会社の経営者の方などではないでしょうか?もし為替デリバティブについてもっと知りたい方はその道のスペシャリストである弁護士の方達に聞いてみてはどうでしょうか?






What's New

2013/02/04
新着記事2を更新。
2012/11/08
新着記事を更新。
2012/04/14
クレジットを更新。
2012/04/14
不動産を更新。
2012/04/14
色々なデリバティブを更新。
2012/04/14
気をつけましょうを更新。
2012/04/14
金融知識.com ~為替デリバティブの部屋~を更新。
2012/04/14
ホームページリニューアル

おすすめ記事

知識がいる

為替デリバティブでも基本的にはリスクヘッジとして使用することが多いのですが、その使い方次第で便利にも不便にもなります、使い所の知識ぐらいは身につけておきましょう。

難しいですが

金融関係は難しい言葉が多いですが、きちんと理解しておくことが大事です。落とし穴というほどではないですが、為替デリバティブにも失敗の原因になりうる部分はありますからね。